革命

Updated date:2014.02.03
130201

2014年2月1日(土)の練習

練習曲目

  • 歌劇「運命の力」序曲
  • 交響曲第5番 第4楽章

参加人数

約30名

練習内容

ショスタコーヴィチ作曲の交響曲第5番は、『革命』と呼ばれていますが、作曲家が名付けたものではないようですね。
管楽器のトレモロのあと、激しいティンパニと金管楽器の主題によって始まり、シンバルもドラもガンガン鳴らして、最後はティンパニとパスドラムがガンガン叩いて終わります…。という感想になってしまうのは、パーカッションの出番が少ないのに、出てきたら激しいからです…。

今回使用した楽譜は、当楽団のうっかりさん(当時は斎藤さん?)が15年ほど前に編曲したもので、懐かしい手描きの譜面でした。
ドラを叩く私の姿がDVDに残っていますが、当時、指揮も見ずにマレットを頭上から大きく振りかぶるシーンが話題になってしまいました。直前まで見てたのに…。

カテゴリー:練習レポ 投稿者名:Web Master

コメントをどうぞ♪

↓